東京の声楽関連情報

HOME本気で声楽を楽しみたい方へ

最終更新日:2017/11/20

本気で声楽を楽しみたい方へ

マイク

声楽を趣味からスタートしたという人も多いでしょう。ちょっとカラオケで友達よりいい声が出したい、音痴や引っ込み思案を直したい。そういった理由でなにげなく始めた声楽も時が経つにつれて、もっと上手くなりたいと考える方も決して少なくはないはずです。どんな人でも自分を表現したいという欲求を持っているものだからです。では、声楽をしていて、もっと上を目指したくなった場合、どうすればいいのでしょうか。これは年齢によっても違うのですが、今回は比較的若い年齢層に絞って、声楽の楽しみ方について、語っていこうと思います。
中学や高校にコーラス部に入り、声楽の魅力に目覚めたという人も多いかと思いますが、もちろん部活でも先生のコーチングである程度のレベルには上がれます。しかし、それよりもワンランク上を目指すのであれば、プロの講師から一流の発声法を学べる声楽教室に通うのがベストでしょうね。声楽のプロになるためには、さまざまな道がありますが、基本的には音大に行き、より専門的な知識を4年間みっちりと勉強し、その間にコンクール等に出て、腕を磨くのがいいですね。声楽を高校ですでにしている方は、先々の進路を音大、やがてはプロを見据えている人は、個人レッスンのある教室がオススメです。というのも、グループで歌っていると、個人のクセや弱点の矯正にまで、高校の声楽では先生の手が回らないからです。その点、一流の講師陣が在籍している声楽教室であれば、マンツーマンできっちりと教えてくれます。また、音大の受験というのも、一般的な受験と同じくコツというものがあります。やはり試験官の前で歌うのですから、心象が良くなるような立ち居振る舞いや、どういった選曲をすればポイントが高いか、あるいは歌い方の指導など、音大合格に必要なことのほとんどを仕込んでくれます。
音大の名門と言えば、東京に集中しているので、地元の教室でもいいですが、やはり東京にしたほうが無難です。そうしておけば、例えば声楽で東京コンクールに出場するときにも、東京の教室やそこにいる先生とのパイプを作っておいたほうが、音大受験前も、受験後も有利に働くはずです。
歌唱力を上げるためには、本番以上に良い舞台はありません。声楽で東京コンクールに参加しておけば、その後のキャリアにもきっと役に立ちます。そのため、現在声楽を高校で学んでいる生徒さんで、プロを目指しているのなら、早いうちに対策しておきましょう。

一覧はこちら

東京の声楽ランキング

TOP